[ 15 ]

かわいそうなぞう

人形劇団ひとみ座

日本
自主参加作品
対象年齢

幼児から(5+)

上演時間

60分

言語

日本語

ジャンル

朗読・人形劇

宜野座公演

G3
宜野座村文化センター
がらまん(大ホール)

[15-1] 7/24(日)  15:00

那覇公演

N4
フェスティバル特設会場
沖縄県立博物館・美術館
県民ギャラリー3

[15-2] 7/26(火)  17:00
[15-3] 7/27(水)  13:00
[15-4] 7/27(水)  17:00

岩崎加根子の朗読と折り紙人形が綴る平和への想い


表題作「かわいそうなぞう」のほか、宮沢賢治の「やまなし」「どんぐりと山猫」、小川未明の「野ばら」を同時上演。

大きな自然のなかで、あまりに小さな人間や動物たちが、ときに醜く強欲に、ときに美しく健気に生きている、そんな4つの物語。
なぜ人と人は争い続けてしまうのか、という問いの向こうに見える未来への希望を、岩崎加根子(劇団俳優座)の朗読と、折り紙を使った美しく儚い人形たちとのセッションで贈ります。

「かわいそうなぞう」
空襲の被害が続く戦時中、動物園に下された、猛獣処分の命令。
その対象となった三頭のぞうは、少しずつ弱っていきました。
東京で実際にあったおはなしです。


 

主催:有限会社ひとみ座
助成:芸術文化振興基金 

 

|  サイトマップ  |

© ricca ricca*festa | ALL RIGHTS RESERVED